国光社 製粉機 ニューこだま号 NK-MB 餅 味噌ユニット付 350×348×565 オK 代引不可
2022人気No.1の 電気式ミニミニフライヤー(バスケットタイプ)MMF-82B その他調理用具
2022人気No.1の 電気式ミニミニフライヤー(バスケットタイプ)MMF-82B その他調理用具

●外寸(mm):252×462×H195 電源コード:2m バスケット:160×260×H140●内寸(mm):油槽:226×394 油槽深さ:150●重量:8kg●容量:8L●測定·調節温度範囲/能力:温度調節:0〜210℃●消費電力:1.4kW●電源:単相100V■● 安全装置:ハイリミット258℃● 付属品:バスケット160×260×H140(1個)、スノコ×1● ■付属品:バスケット×1個、スノコ×1、、

商品の仕様
●外寸(mm):252×462×H195 電源コード:2m バスケット:160×260×H140●内寸(mm):油槽:226×394 油槽深さ:150●重量:8kg●容量:8L●測定·調節温度範囲/能力:温度調節:0〜210℃●消費電力:1.4kW●電源:単相100V■● 安全装置:ハイリミット258℃● 付属品:バスケット160×260×H140(1個)、スノコ×1● ■付属品:バスケット×1個、スノコ×1、、
【まとめ買い10個セット品】 響十 鎚目シリーズ ボーニングナイフ KS-1119 16cm【 庖丁 】

【まとめ買い10個セット品】 フロアガイドポール GY-40C-38T H90 クローム【 店舗備品・インテリア 】
※商品画像はイメージです。複数掲載写真も、商品は単品販売です。予めご了承下さい。
【まとめ買い10個セット品】 EBM 18-8 火起し 24cm【 焼アミ 】
※商品の外観写真は、製造時期により、実物とは細部が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
【まとめ買い10個セット品】 ヤマケン 積層サンド式カラーまな板 3号 H23mm ピンク【 まな板 】
※色違い、寸法違いなども商品画像には含まれている事がございますが、全て別売です。ご購入の際は、必ず商品名及び商品の仕様内容をご確認下さい。
【まとめ買い10個セット品】 ヤマケン 積層サンド式カラーまな板4号B H18mm ブルー【 まな板 】
※原則弊社では、お客様都合(※色違い、寸法違い、イメージ違い等)での返品交換はお断りしております。ご注文の際は、予めご了承下さい。

【まとめ買い10個セット品】 サインポスト 駐輪禁止(両面)867-872YE【 店舗備品・インテリア 】

【まとめ買い10個セット品】 サインポスト P駐車場(両面)867-862YE【 店舗備品・インテリア 】

【まとめ買い10個セット品】 ビクトリノックス グランメートル ブレッドナイフ 7.7433.23G【 庖丁 】

【まとめ買い10個セット品】 正広作 MV-S 牛刀 21cm【 庖丁 】

【まとめ買い10個セット品】 正広作 MV-S 骨スキ 角型 15cm【 庖丁 】

【まとめ買い10個セット品】 EBM 丸 焼アミ(並)200枚入 No.00 φ300【 焼アミ 】
Gucciグッチ シルクスカーフ ヴィンテージ 蝶々柄 オレンジ

2022人気No.1の 電気式ミニミニフライヤー(バスケットタイプ)MMF-82B その他調理用具

漫画まとめ売り バラ売り可能

Anker Nebula Astro アストロ シネマ プロジェクター アンカー
MTG コスメトリートメントシャワー Obleu 2台

2022人気No.1の 電気式ミニミニフライヤー(バスケットタイプ)MMF-82B その他調理用具



 「紫」という名の沖縄のロック・バンドの存在を、いつどのようなきっかけで知ったのか、もう記憶がはっきりしない。「沖縄に凄いロック・バンドがいる」という話題が当時の業界やファンの間で語られるようになったのは、おそらく1974年頃のことだったのではないかと思う。その紫が「日本本土」のロック・ファンの前に姿を晒したのは1975年夏、に出演したときだった。彼らの演奏は大きな話題を集め、その存在がますます騒がれ始めたという経緯だった気がする。彼らのデビュー・アルバムはその年の秋頃に録音され、翌1976年になって発売されている。それが、バンド名をタイトルにしたこのアルバムである。


 個人的な紫との出合いは、彼らがラジオ番組に出演したときのことだ。デビュー・アルバム発売直前という時期で、おそらくアルバムのプロモーション目的の出演だったのだろう。ジョージ紫が司会者のインタビューに応えて、「ディープ・パープルの音楽に心酔している」といった旨のことを語っていたような記憶があるが、もう細かなところは覚えていない。その時点ではまだデビュー・アルバムが完成していなかったのか、その番組の中でオンエアされた紫の演奏はライヴ音源だった。と、そしてディープ・パープルのカヴァーの3曲がラジオから流れた。記憶の中ではスタジオ・ライヴだったような気もするのだが、の際の音源が使用されていたのかもしれない。ともかくその時が、その名と話題ばかりが先行していた紫というバンドの演奏を初めて耳にした瞬間だった。

 その演奏を聴いてずいぶんと驚いたことを覚えている。聞こえてきたのは、まさに「第二期」ディープ・パープル、すなわちアルバム「イン・ロック」から「紫の肖像」までの時期のディープ・パープルの音楽そのものだったからだ。のカヴァーは当然のことながら、紫のオリジナル曲であるとでさえ、「第二期」ディープ・パープルがこの楽曲を演奏したならこのようになるかもしれないと思わせるような演奏だった。それはもう「第二期」ディープ・パープルの「コピー」と言ってよかった。「コピー」というと否定的なイメージがつきまとって語弊があるが、それほどに紫の音楽の持つ佇まいは「第二期」ディープ・パープルのそれに酷似していた。ディープ・パープルの音楽に心酔していたファンの立場として、紫の音楽が安易で陳腐な模倣に陥っているものであったなら嫌悪感を感じていたかもしれない。しかしそんなことはなかった。それどころか喝采を送りたい気分だった。ディープ・パープルの音楽に対する憧憬と敬意を抱きつつ、ディープ・パープルの音楽スタイルを自らの音楽の中に昇華した末に、高水準の演奏力によって実現したスタイルであることが、充分に感じられる演奏だった。


ぷに様専用 デモニア 厚底

 そこへ、失われた第二期ディープ・パープルのハード・ロックを大音量で響かせながら日本のファンの前に紫が登場した。失われた第二期ディープ・パープルのハード・ロックが、時と場所を隔てた極東の島国でこのような形で甦るとは誰も思ってはいなかっただろう。我々が愛した第二期ディープ・パープルの音楽が、このような形で「フォロワー」、あるいは「チルドレン」とでも呼びたいようなバンドに引き継がれたことが嬉しかった。もちろん、その音楽的スケールやメンバーの力量、カリスマ性など、あらゆる要素で紫が第二期ディープ・パープルより「小粒な」感じがあるのは否めなかったが、そんなことはどうでもよいではないか。紫のハード・ロックには、我々がかつて愛してやまなかった第二期ディープ・パープルのハード・ロックのエッセンスが濃厚に受け継がれ、息づいていた。ディープ・パープルと比べれば「小粒な」印象があるとは言え、当時の日本ロックの水準から言えば、紫の演奏の実力が突出していたのは事実だ。紫というバンドがこのまま大きく育っていったならば、もしかしたらとんでもないことになるかもしれない。そんな期待さえ抱かせたものだったのだ。


 アルマーニ ステンカラーコート

 紫の演奏を耳にした日本のロック・ファンの多くは、彼らの演奏の中に「本場の凄み」とでもいうようなものを感じとったに違いない。それまでの日本のロックは、遠いアメリカやイギリスへの憧れの中で育った。1960年代の「エレキ・ブーム」や「グループ・サウンズ」を経て、1970年代になってようやく「本格的な」ロックを演奏するバンドが少しずつシーンに登場するが、それは模倣の中で足掻きつつ日本のロック・シーンを生み出す作業だったと言ってもいい。ごく少数だが海外で認められたバンドや英米のシーンでの経験を得たミュージシャンもあったが、日本ロック・シーンの総体は本場である英米の空気を知らぬまま、本場の空気を知らぬ聴衆に向かって「ロック」を演奏していた。そこへ、紫だ。紫が沖縄で相手にしていたのは若いアメリカ人兵士たち、まさに「本場の」聴衆だった。生半可な演奏は通用しない。模倣だとかオリジナリティだとか、そんなことよりまず、当時の紫が抱えた命題はロック・バンドとしてのパフォーマンスの実力を鍛え上げ、目の前の聴衆を熱狂させるだけの歌と演奏を披露してみせることだったはずだ。その中で培われた紫の歌と演奏が、当時の日本ロック・シーンに於いて「本場の凄み」を感じさせないわけがない。デビューした紫は、日本ロック・シーンで圧倒的な存在感を放ってロック・ファンの支持を受け、それによって沖縄のロック・シーン全体が脚光を浴び、「オキナワン・ロック」という造語まで生むことになる。


 バンド名をそのままタイトルにした紫のデビュー・アルバム「紫」は、ジョージ紫の作詞作曲による6曲のオリジナル曲にディープ・パープルの名曲「Lazy」を加えた7曲を収録し、その全編が第二期ディープ・パープルのハード・ロックのイディオムを色濃く感じさせるものだ。スピーディで痛快なや、あるいは的なグルーヴを持つ、ヘヴィなブルース・ロック風の「Far Away」、そしてまた幻想的なイントロ部から的なハード・ロックへと移行するなど、まさに「ディープ・パープル・フォロワー」、あるいは「ディープ・パープル・チルドレン」とでも呼びたくなるような演奏が展開される。ディープ・パープルの楽曲をカヴァーした「Lazy」も、独自の解釈を加えて異なるアレンジで演奏しているといったものではなく、ディープ・パープルの演奏に忠実な演奏が展開されている。最も「ディープ・パープルらしくない」のはアルバム中ただ一曲のインストゥルメンタル曲「Maze」だろうか。ハードなギター演奏を中心にしながらリリカルな中間部を挟みつつドラム・ソロなども交えながら展開する楽曲で、9分に及ぶ長尺曲だがなかなかスリリングで飽きさせない。

 オリジナルLPではから「Lazy」までの4曲がA面、から「Far Away」までの3曲がB面という構成で全7曲が収録されていたわけだが、に発売されたCDでは、さらに1975年の出演の際のライヴ音源から、、、そしてディープ・パープルの楽曲のカヴァーであるの4曲が追加収録されている。発売のこのCD(TKCA-73240)は24bitデジタル・マスタリング、紙ジャケット仕様で復刻され、往年のファンとしては嬉しい限りだった。


 当時、紫はディープ・パープルのすべての楽曲を演奏できたという。その紫の演奏を聴いて「第二期」ディープ・パープルのファンはどのように感じるのか。好意的な人ばかりではあるまい。粗悪な模造品を目にしたように嫌悪感を感じる人も中にはあるかもしれない。イアン・ギランのようには唄えないのに、リッチー・ブラックモアのようにはギターを弾けないのに、ディープ・パープルになりたがっている身の程知らずのバンドだと、中には思う人もあるかもしれない。しかし彼らは決して「ディープ・パープルになりたがって」いたのではない。ヴォーカルの城間正男はイアン・ギランのように唄おうとしていないし、ギターの比嘉清正もリッチー・ブラックモアのようであろうとしていたわけではないし、ハモンドを奏でるジョージ紫もジョン・ロードのように演奏しようといていたわけではない。彼らには彼らならではの持ち味があり、個性的なロック・バンドとしてのアイデンティティを確立しているのだ。彼らはディープ・パープルが確立したハード・ロックのスタイルを見事に踏襲してみせたが、決してディープ・パープルのようであろうとしていたわけではない。彼らはただ、ディープ・パープルが具現化してみせたハード・ロックの在り方を支持し、理解し、信じ、自らもまたそのスタイルのハード・ロックを演奏しただけのことなのだ。

 彼らの演奏を、「要するにディープ・パープルの模倣ではないか」と断ずることはたやすい。しかし、彼らの音楽が安易で陳腐な模倣に過ぎないのだとしたら、これほどまでに聴衆の心を捉えることができただろうか。確かにそれは模倣から始まったかもしれない。しかし手本とするものを忠実に準えて鍛え上げた後にようやく実現するものもある。殊更にオリジナリティというものににこだわるあまりに本末転倒的に自らの立脚点を見失って行き詰まってしまうより、それは遙かに潔いではないか。これほどの魅力に満ちたハード・ロックを、「模倣」の一言で貶めてはなるまい。


 紫のデビューは当時の日本ロック・シーンに於いてまさに衝撃だった。その演奏力の水準の高さ、それに支えられて実現する彼らの音楽のハード・ロックとしての完成度、そのダイナミズム、その「ロック」としての熱気は聴衆を熱狂させずにはおかなかった。1976年にレコード・デビューした紫は即座に日本ロック・シーンの頂点の一角に登り詰め、日本のハード・ロック・ファンの期待を背負った。しかしその後、紫はセカンド・アルバム「Impuct」、ライヴ録音のサード・アルバムを立て続けに発表した後、残念ながら解散してしまう。ジョージ紫は「ジョージ紫&マリナー」を結成、他のメンバーもそれぞれの道を歩き始める。

 「本土デビュー」後の紫が紫として活動した期間は短い。しかしそれだけに彼らが日本のロック・シーンに残した足跡の意義は大きい。そしてこの彼らのデビュー・アルバムの、日本ロック・シーンに於ける存在意義もまた大きい。1970年代日本ロック・シーンが生んだ名作のひとつであり、「ハード・ロック」のファンにとって忘れられない作品である。
加島 ホースカバー AHC-WD-黄色65 (AHC-WD-65-YW) 横浜ゴムMBジャパン(株)